skip to Main Content

未来の人間

未来を作るのは、現在を規定するところから

現存する資料によると、

昔の人間の寿命はわずか25年

だったとわかっている

しかし科学の発展により、人間は病気を克服できるようになった。新しい知識を蓄積し、栄養素を規定して、医療技術を発達させ、それにより寿命がどんどん長くなってきた。現在では、100歳を超えるセンテナリアンや110歳を超えるスーパーセンテナリアンが存在するまでになった。

長寿以上に人間が求めているもの それは人生における楽しさである

人間が安全に生
きていくために必要な四大要素から老若男女
がそれぞれの潜在能力を大いに発揮できるための
新五大要素へ

人間は長い間、衣食住薬の四大要素で生き延びてきたが、生活の質を高め、限界のない生物として生きる、つまり能力を発揮しつつ健康にも気を配っていくためには、衣食住薬の四つの要素以外の要素も重要になってくる。
デュラサイエンスは、細胞レベルの研究に意欲的に取り組むことにより、新しい答えにたどりついた。その答えとは、人間の真のライフスタイルで、健康寿命を損なうことなく、老若男女が潜在能力を最大限に発揮するための五つの要素である。それは、ホリスティックヘルス、皮膚、体型、個人レベルの需要で、この五つの要素こそが、人間の寿命を延ばし、生活の質を高め、限界を気にすることなく、それぞれの潜在能力を発揮できるようにするものなのである。

未来の人間

将来の人間のデザイン

質の高い生活を送り、スーパーセンテナリアン級の長い寿命を持つ人間を作るのは、テクノロジーでも人工知能でもなく、自然の法則をしっかりと理解するためのサイエンスである。

デュラサイエンスの研究の結果が示しているのは、未来の人間はそう遠くない将来の話だということである。遺伝は自然によって規定されるものであるが、我々の未来を規定するものではないということを証明するために、我々は絶えず発展し続けていく。

Back To Top