skip to Main Content

要素 1

ホリスティックヘルスの始まり

われわれは「細胞」から生まれるものであるから

細胞は生命を司る最小の単位である。受精したその日から、脳細胞が急速にネットワークを拡張する。
1分間に25,000個の細胞から、生まれる直前には1分間に100万個の新しい細胞に増える。われわれの体の中には多くの細胞があり、心筋細胞、膵臓細胞、血液細胞、骨細胞など、異なる役割を担っている。

CELLULAR
REGENERATION
MATRIX

細胞の質を最良にするための要素

体の中の細胞には生まれては死ぬという自然のサイクルがある。この能力は母親のお腹の中にいるときから既にあり、また、大人になるまでずっと続くものである。
子ども時代、細胞は効率的に再生される。怪我をしたり病気になったりしたとき、体が修復され、ごく短時間のうちに元の正常な状態に戻る。それは細胞には細胞再生マトリックス(C.R.M™ )があるからである。しかし、大人になるとこの能力は徐々に弱くなり、特に25歳以降高齢期までどんどん衰えていく。それは、細胞再生マトリックスの質や量が人によって異なるためである。

細胞再生マトリックス(C.R.M™)

を構成する7つの要素

1.
遺伝的要素

遺伝は細胞の働きおよび質の異なりに影響を及ぼす。人間の細胞は、23 対の染色体からなり、およそ 60億のDNAの塩基対が含まれている。そしてタンパク質の合成を司る遺伝子が 20000~25000 存在し、0.1% 程度のほんのわずかの差が、たとえば、酵素、神経伝達物質など、異なる細胞の様々な働きを構成するタンパク質合成に非常に大きな違いをもたらす。

2.
幹細胞ニッチ

幹細胞ニッチとは、幹細胞(Stem Cell)を取り囲むように存在する微小環境のことで幹細胞を保護し、常に幹細胞とやりとりをして、平常時には幹細胞を静止させ、組織が損傷した場合など、組織から新しい細胞の生成を指示されたときに、それに対応できる準備をさせる。

3.
ミトコンドリア

ミトコンドリアはわれわれの細胞の中に存在する構造のひとつである。独自のDNAを持ち、自らタンパク質を合成することが可能である。ミトコンドリアの役割は、細胞のためのエネルギーを生成し、細胞内のカルシウム濃度を一定に保ち、細胞内代謝の調整、アポトーシス(プログラムされた細胞死)に関する働きも担う。

4.
テロメアの
豊富さの調和

テロメアとは、われわれのDNAの両端周辺にある構造で、染色体を保護する、つまりDNAが損なわれないようにする役割がある。細胞分裂が起こるたびに、テロメアは短くなっていく。
すなわち、歳を取るにつれて、テロメアはどんどん短くなっていき、やがてそれ以上染色体を保護できなくなる。すると、DNAが老化して正常に機能しなくなり、最終的には病気を引き起こすのである。

5.
細胞保護の調和

人間の体内細胞は、活性酸素種(Reactive Oxygen Species)、活性窒素種(Reactive Nitrogen Species)の二つのフリーラジカル(Free Radicals)と反応する。これらのフリーラジカルは通常の体内細胞の代謝、および化学物質や食事などの外部環境の異常によって発生するが、フリーラジカルが体内に一定以上蓄積されると、酸化ストレスという状態が生じる。これは、フリーラジカルが体内のすべての細胞に存在するタンパク質、脂肪、DNAに悪影響を与えるもので、細胞の老化・機能不全、脳血管疾患、心血管疾患、糖尿病、高血圧症などの重篤な疾患を引き起こし、最終的には死に至らしめる。

6.

ホルモンの

豊富さの調和

ホルモンは、体内細胞の働きにおいて、肉体的な意味でも精神的な意味でも、特に女性にとって、とても重要である。通常、われわれが知っているホルモン以外に、1997年に、酵素そしてある種のホルモンとして機能するタンパク質クロトー(Klotho)が黒尾らの研究チームによって発見された。

7.
抗発癌性ウェルスブレンド

母親のお腹の中にいるときから最期の瞬間まで…「細胞」は、体内で最も小さい単位で、休むことなく働き続けている。われわれ人間の体は、500 億以上の細胞で構成され、そのひとつひとつがそれぞれの役割を果たしている。細胞の寿命の違い、老化、再生、分裂は互いに関連があり、それがバランスのとれたアポトーシスとなる。しかし、細胞の生成に異常が見られ、新しい細胞が過剰に生成されると、腫瘍(Tumor)と呼ばれる状況を引き起こす。この腫瘍が局部的に発生し、増殖速度が遅い場合は良性腫瘍(Benign tumor)となるが、増殖速度が速く、体の他の部位に転移していく場合は悪性腫瘍(Malignant tumor)、いわゆる癌(Cancer)となる。

Back To Top