skip to Main Content

要素4

ニッチ=ニーズ

人生を補う特定の需要

わずか一対の染色体の違いが、男女の外見的な形状の違いや、エストロゲン、テストステロンという性ホルモンの違いを生じさせる。

エストロゲンは女性の体型や皮膚を美しくしているだけではなく、外部の刺激物質への反応にも影響がある。エストロゲンは神経伝達物質の生成を規定し、脳内の神経細胞の働きを男性と異なるものにする物質で、特に、モノアミン酸化酵素やカテコール-O-メチル基転移酵素という酵素によって代謝分解されるカテコールアミン群神経伝達物質がそうである。

アメリカ合衆国デュラサイエンス研究所では、女性の若々しさを取り戻す(Bring Your Debutant Back)ための科学原理(Scientific Principle)に関する研究を行っている。その原理はWomen Balance Matrixes (W.B.M™ 、真皮超越マトリックス)という名称であり、すなわち女性の若々しさを取り戻すための要素のことである。

Women Balance Matrixes (W.B.M™ )、女性若返りマトリックス)女性の若々しさを取り戻すための要素

女性の若々しさを取り戻すには、まず体の内側からはじめ、そして外側へ広げていくことが必要だ。身体の保護機能を正しく回復することができると、肉体的にも精神的にも長期間にわたって持続できる効果が見られるようになる。それを実現するためには、様々な要因が重要である。

女性若返りマトリックス (W.B.M™)を構

成する4つの要素

1.

遺伝的要素

遺伝的な要素は、体内のエストロゲン濃度のバランスを整えるのに影響がある。もしこのプロセスに異常が見られたら、エストロゲンの濃度は理想的な濃度よりも高くなったり、低くなったりし、女性の体内のほぼすべての働きに直接的な影響が出る。

肝臓はエストロゲンの代謝過程において重要な働きをしている。身体の様々な場所、特に卵巣で生成されたエストロゲンは、血液の流れを通して肝臓に運ばれる。肝臓にはエストロゲンを分解する多様な酵素が存在し、血液中のエストロゲンの濃度が高すぎたり、低すぎたりしないようにバランスを制御している。

2.

消化器系内の善

玉細菌のバランス

多くの科学的研究が、われわれの消化器系内の細菌(腸管微生物叢、Gut Microbiome)は消化器系の働き、腸管関連リンパ組織を介した免疫機構への刺激、消化器系を通じた様々な栄養分の吸収能力に直接的な影響があることを示している。

それ以外に、消化器系内の細菌がエストロゲンのホルモンバランスに影響があるという関連性を指摘した科学的証拠も見つかっている。消化器系内の多様な細菌は、肝臓で抱合されたエストロゲン(抱合型エストロゲン、Conjugated Estrogen)を体外に排出するために腸や腎臓に送ることができる。これらの細菌はβ-グルクロニダーゼという酵素を持ち、抱合されたエストロゲンを脱抱合して、再び活性化させることができる。脱抱合されたエストロゲンは消化器系で吸収されて血液を通り再びもとの働きを示す。このようにエストロゲンが再び働けるようにする能力をもつ細菌のことを、エストロボロームという。

3.

適度で栄養のある

食物の摂取

栄養分のある食事はエストロゲンのバランスに直接的な影響を与え、エストロゲンが過剰な状態(エストロゲン過多)やエストロゲンが足りない状態(エストロゲン欠乏)を起こさない。どちらの状態も、短・中・長期的に身体や精神に非常に悪い影響を与える。

DIM (ジインドリルメタン)

は、ブロッコリーやキャベツに含まれる栄養分で、エストロゲンのバランス調整に重要な関わりを示す。弱いエストロゲンとしての特質を持ちながら、一方で、エストロゲンが過剰な状況ではその働きを阻害する能力も持ち、過剰になったよくないエストロゲンを体外に排出する役割も担う。

さらに、多くの研究によって、DIMには抗炎症作用(Antiinflammation)があり、適量のDIMの存在は、乳癌、前立腺癌など、多くの癌に罹る危険性の軽減に重要な関わりがあることが指摘されている。

カルシウムDグルカレートは、エスト

ロゲンを腸から再吸収する役割を担う酵素β-グルクロニダーゼの働きを抑え、過剰なエストロゲンを体外に排泄するのを補助する。通常、われわれの消化器系では、カルシウムDグルカレートとβ-グルクロニダーゼの働きはバランスがとれている。カルシウムDグルカレートは豆、キャベツなどの多くの野菜に含まれる

フィトエストロゲン

は、ポリフェノール化合物群で、インゲン、大豆、穀物、その他の多くの植物に含まれる。フィトエストロゲンはエストロゲンとよく似た構造で、体内に取り込まれるとエストロゲン受容体と結合し、体内で生成されるエストロゲンが結合したときと同じような体内作用を生じさせる。

マグネシウム

は、血液から肝臓にやってきた過剰なエストロゲンを排出するプロセスにおいて重要な物質である。したがって、体内のマグネシウムが不足すると、エストロゲン過多(Estrogen Dominance)を引き起こす。

4.

慢性的な炎症に対

する優れた抗炎症作用

人間の体内細胞は、活性酸素種(Reactive Oxygen Species)、活性窒素種(Reactive Nitrogen Species)の二つのフリーラジカル(Free Radicals)と反応する。これらのフリーラジカルは通常の体内細胞の代謝、および化学物質や食事、毒素などの多くの外部要因によって発生するが、フリーラジカルが体内に一定以上蓄積されると、酸化ストレスという状態が生じる。
これは、フリーラジカルが体内のすべての細胞に存在するタンパク質、脂肪、DNAに悪影響を与えるもので、細胞の老化・機能不全、エストロゲン生成のバランス異常、女性生殖系の質の退化などの多くの重篤な疾患を引き起こす。

したがって、われわれの身体にフリーラジカルに対抗するよいシステム(抗酸化物質)があれば、ホルモンの生成に関する役割を担う細胞の働きに直接的に作用し、ホルモンのバランスをよくすることができる。

Back To Top